ランキング

ヘイジー IPAとは?味の特徴やおすすめについて

ヘイジーIPAという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ヘイジーIPAとは、イギリス生まれのビアスタイルのうちの一つです。

今回は、ヘイジーIPAをはじめとするIPAの種類や、おすすめのIPAビールについてご紹介していきます。

この記事の監修者

ビールの縁側 編集部

日本各地のブルワリーからこだわりのビールを直接購入できる、
国内最大級クラフトビール専門の産直通販サイト「ビールの縁側」を運営。会員登録数1万人突破。
編集部メンバー全員が大のクラフトビール好き。


そもそもIPAとは?

ではまず、ヘイジーIPAの親ともいえるIPAについてご紹介しましょう。

IPAは、イギリス生まれのビアスタイルです。「India Pale Ale(インディアペールエール)」の頭文字を取っており、「アイピーエー」と読みます。ホップをたっぷり使うことで生まれる、苦味や香りの強い味わいが特徴です。

18世紀のイギリスでは、ペールエールというビアスタイルが流行していました。植民地だったインドにもビールを輸出していましたが、当時の輸送方法は船。長い船旅による、品質の劣化に頭を悩ませていました。そこで、防腐効果のあるホップを大量投入するように。これが、IPAの始まりです。

IPAは時を越えて、20世紀後半のアメリカで大ヒットします。そして、世界的なクラフトビールブームの火付け役になりました。

IPAの種類

IPAの種類

ヘイジー IPA

ヘイジーとは、英語で「かすんでいる」「もやのかかった」という意味を持っています。ビールの色が透明でなく、濁って見えることから名付けられました。2017年ごろ、アメリカ北東部のニューイングランド地方で生まれたと言われている、IPAの派生スタイルです。

つい最近まで、IPAの主流はウエストコーストスタイルでした。こちらは苦味が強く、クリアな琥珀色。対してヘイジーIPAは、苦味がかなり控えめです。さらに、ホップの豊かな香りと、まろやかでジューシーな味わいを持っています。

ブリュットIPA

ヘイジーIPAが爆発的にヒットした数年後、アメリカのサンフランシスコでブームになったブリュットIPA。ヘイジーとは対照的な、ドライでキレのある味わいが特徴です。

甘味やまろやかさを抑えるため、麦汁の糖分を極限まで使い切って発酵させています。口当たりはスッキリさわやか。ホップの鮮やかな香りだけを、シンプルに楽しめますよ。

ちなみにブリュット(Brut)というのは、フランス語で「辛口」「甘味のない」という意味。夏にぴったりの、ゴクゴク飲めるIPAです。

ブラックIPA

その名の通り、黒いIPAです。ホップの華やかな香りや苦味はそのままに、焙煎麦芽の香ばしさと苦味をプラス。ふくよかなコクとさわやかさを同時に感じる、ハイブリッドな味わいです。

スタウトやポーターをよく飲む人は、そのさわやかな口当たりに驚くことでしょう。カカオやコーヒーのような芳醇さを持ちながらも、後味は比較的ライト。ホップの風味が全体を引き締めています。

「黒ビールは重たくて、飲み飽きてしまいそう」と敬遠している人にこそ、飲んでみてほしいビールです。

ヘイジー IPAの特徴

外観

ヘイジーIPAの特徴である濁りは、主に2つの理由から生まれます。

1つめは、原料の穀物に含まれるたんぱく質です。一般的なビールの原料は、大麦麦芽。ヘイジーIPAには、小麦やオーツ麦をたっぷり使用します。これらは、大麦麦芽よりも多くのたんぱく質を含んでいます。このたんぱく質がホップのポリフェノールと結びつき、濁りの原因になるのです。

2つめの理由は、酵母です。ヘイジーIPAでは、発酵後の濾過作業を行いません。酵母を残したまま仕上げるため、濁って見えるというわけです。日本酒やワインでも、無濾過を謳ってやや濁っているものがありますよね。

苦味がない

ヘイジーIPAの特徴として、苦味がないことも挙げられます。ビールの苦味は、ホップを麦汁と一緒に煮込むことで生まれるもの。高温で加熱すると、ホップに含まれる成分が苦味へと変化するのです。

ヘイジーIPAの仕込みでは、ホップをほとんど加熱しません。麦汁の煮沸が終わったあと、温度を下げていく工程で投入します。また、温度の低い発酵中にホップを入れる、「ドライホッピング」という手法も取られます。

さらに、原料の小麦やオーツ麦もポイントです。まろやかな口当たりが、苦味を感じにくくしています。

ホップの香り

ヘイジーIPAは、一般的なIPAよりもさらに強いアロマを楽しめます。この華やかな香りにも、先ほどご紹介した「ドライホッピング」が大きく関係しているのです。

ホップの香り成分は、熱によって揮発してしまいます。鮮やかな香りを引き出すには、ホップを加熱しないドライホッピングが有効。ヘイジーIPAでは、大量のホップでドライホッピングを行います。

ドライホッピングに使われるホップは、主にアメリカ産の品種です。シトラス・トロピカルフルーツ・ベリー・メロンなど、さまざまなニュアンスを感じ取れますよ。

おすすめのIPAビール3選

おすすめ①:(MARCA BREWING)マルカHAZY IPAヘイジ―アイピーエー

マルカHAZY IPAヘイジ―アイピーエー

MARCA BREWINGは、大阪北堀江のブルワリーです。大手自動車メーカーでカーデザイナーとして働いていた、神谷みずきさんが立ちあげました。

こだわるのは、スタンダードでわかりやすいビール造り。一方で、ユニークな副原料を使い、チャレンジングな商品も展開しています。

HAZY IPAに使用しているホップは、モザイク・シトラ・アイダホ7の3種類です。柑橘やパッションフルーツの弾けるような香りと、白桃や紅茶のようなキャラクターを堪能できます。さらに、オレンジピールを加え、ほろ苦さや奥行きをプラス。ジューシーな香りや、トロリと広がるなめらかな口当たりをお楽しみください。

>>(MARCA BREWING)マルカHAZY IPAヘイジ―アイピーエー

おすすめ②:(今治街中麦酒)はれひめHazy IPA

はれひめHazy IPA

今治タオルで有名な、香川県今治市。その中心地である今治商店街の一角にあるのが、今治街中麦酒です。地域活性化を目指し、地元の素材を使ったビール造りを行っています。

そんな今治街中麦酒イチオシのビールが、はれひめHazy IPAです。はれひめは、今治で多く栽培されているみかん品種。温州ミカンとオレンジの特徴をあわせ持っています。その果汁を、ヘイジーIPAにたっぷり加えました。

ホップのトロピカルな香りと、はれひめのさわやかな風味がベストマッチ!ジューシーな余韻は、まるでカクテルを飲んでいるかのようです。インターナショナル・ビアカップ2021で、金賞を受賞しています。

>>(今治街中麦酒)はれひめHazy IPA

おすすめ③:(遠野麦酒ZUMONA)TONO BEER C58 239 HAZY IPA

TONO BEER C58 239 HAZY IPA

遠野麦酒は、岩手県遠野市のブルワリーです。1789年創業の老舗造り酒屋である、上閉伊酒造が運営しています。遠野市は、日本有数のホップ産地。近年では、「ビールの里」として知名度が上がり、ホップ収穫祭などのイベントも開催されています。

こちらのHAZY IPAにも、遠野産ホップの「IBUKI」が使われています。IBUKIは、フローラル系の上品な香りが特徴。シトラスやトロピカル系の香りを持つ、アメリカ産のカスケード・モザイク・シトラと組み合わせています。さらに、小麦は遠野産の「ゆめちから」を使用。トロリとした口当たりと、オレンジやマンゴーを思わせるジューシーな甘味が魅力です。

>>(遠野麦酒ZUMONA)TONO BEER C58 239 HAZY IPA

ヘイジーIPAの美味しい飲み方

ヘイジーIPAをさらに美味しくさせる、飲み方のコツもご紹介しましょう。

飲み頃の温度は5~10℃くらい。キンキンに冷えていると、せっかくの香りや甘味を十分に感じられません。グラスに注ぐ少し前に、冷蔵庫から出しておきましょう。温度が上がると、とろりとした濃厚な口当たりも楽しめますよ。

また、グラス選びも重要です。口がやや広めで、グラス内に香りがとどまる形のものがおすすめ。IPAグラス・パイントグラス・チューリップグラスなどをお持ちなら、ぜひ活用してみてください。

まとめ

今回は、ヘイジーIPAの魅力とおすすめ商品をご紹介しました。

アメリカで爆発的にヒットしたヘイジーIPAは、日本でも瞬く間に注目を集めました。苦味控えめでフルーティー。多くの人に愛されるわけが、この味わいに詰まっています。まだ誕生したばかりのビアスタイルなので、これからどのような発展を遂げるのかも楽しみですね。

興味を持った方は、ぜひ一度試してみてください。華やかな香りとなめらかな口当たりが、きっとあなたを新しい世界に連れて行ってくれることでしょう。

「ビールの縁側」では、全国のブルワリーから直送のこだわりのクラフトビールを豊富に取り揃えています。好きな時に、好きなブルワリーから、好きな銘柄でお楽しみください!

クラフトビールといっても種類が豊富にあり、ホップの苦味や香りがクセになる「IPA」や、コクの深さが日本人に合う「ペールエール」などさまざまです。

売れ筋ランキングでは週間ランキングや、クラフトビールの種類別ランキングが分かり、最近のトレンドが把握できます。これまで知らなかったクラフトビールに出会え、嬉しい発見ができるはず。

またどのビールが自分好みなのかイマイチわからない方のために、「飲み比べセット」をご用意しました。きっとあなたのお気に入りの味が見つかりますよ。

おすすめの関連記事

運営者情報

運営会社
原田産業株式会社
住所
大阪府大阪市中央区南船場2丁目10−14
お問い合わせ
support@beer-engawa.jp
会社概要
https://www.haradacorp.co.jp/company/