新規会員登録&初回購入で専用ポンプを無料でプレゼント

ビールの縁側TOP > クラフトビールを飲む > ブルワリーから探す > Octagon Brewing

Octagon Brewing

人気ランキング(週間)

よく検索されているキーワード

Octagon Brewing

新潟県北東部に位置する阿賀野市は、瓢湖や五頭山、五頭温泉など、豊かな自然に恵まれたまち。 中でも阿賀野市随一の景勝地である瓢湖を醸造所名に冠するのが、「スワンレイクビール」を醸造する「瓢湖屋敷の杜ブルワリー」です。

ブルワーの師匠は、醸造設備の輸入元からアドバイザーとして来日したエドさんというアメリカ人のブルーマスター。 伝授してもらったレシピは、ゴールデンエール、ホワイトスワンヴァイツェン、スワンレイクポーター、アンバースワンエールの4種類でした。 しかし最初は全く売れず、一生懸命造っても飲んでもらえない時期もありました。 地元の酒屋や飲食店に営業に回っても、「地ビールは値段が高いから」と門前払いをされることも。 それでもエドさんの技術と熱意を信じて造り続けた結果、2000年の「ワールド・ビア・カップ」でスワンレイクポーターが入賞したのです。 日本のメーカーで初めての金賞でした。

新潟県北東部に位置する阿賀野市は、瓢湖や五頭山、五頭温泉など、豊かな自然に恵まれたまち。 中でも阿賀野市随一の景勝地である瓢湖を醸造所名に冠するのが、「スワンレイクビール」を醸造する「瓢湖屋敷の杜ブルワリー」です。

これを機に問い合わせが増え、少しずつ取扱店も増えていくようになりました。最近では父の日や母の日などのギフトにも喜ばれています。 国内外、数々のコンテストで賞をいただくようになり、2021年2月までに獲得したメダルの数は金・銀・銅合わせて142個。醸造技術に自信が持てるようになってからは種類を増やし限定ビールも醸造していますが、実は定番ビールのレシピはオープンからほとんど変えておりません。基本的にはエドさんのレシピがベースです。 とはいえビールは生き物ですから、酵母のコンディションや、原料の品質、醸造環境が少しでも違うと味に大きく影響します。それを見極めながら一定の品質を造り続けることがいかに難しいか。“変わらない味”を守るために変えるところは変える。ビールを取り巻く世の中が変わっても、地道に品質を追求した結果が今に繋がっています。

Octagon Brewing

「いわて蔵ビール」は、東北地方のほぼ中央、岩手県の最南端に位置する一関市にて1918年(大正7年)創業の「世嬉の一酒造」が手掛けるビールブランド。 1995年に立ち上げた「いわて蔵ビール」は、長年の歴史の中で培われた酒造りの技と、醸造士の経験と知識により生まれたました。これまで多くの国際大会で受賞し、高い評価をいただいています。定番の種類(ヴァイツェン、レッドエール、自然発酵ビール、IPAなど)に加え、さまざまなシーンで楽しんでいただけるよう、季節限定ビールなど種類も豊富に揃えています。

岩手の良さ・すばらしさをビールを通してお客様にお届けするというミッションのほかに、根底では、「世の人々が嬉しくなる一番の酒を目指す。」という理念をもって醸造しています。新しいおいしさの発見や、ビールがつなぐ人の輪などいわて蔵ビールを通して感じていただければ幸いです。

品質向上とともに力を入れてきたのが、「東北らしさ」「日本らしさ」の追求。 それを表すのが、和のハーブである山椒の実を漬け込んだ「ジャパニーズハーブエール 山椒」と、陸前高田の広田湾で養殖された牡蠣を使った「オイスタースタウト」です。牡蠣に含まれるうま味成分とミネラルが発酵を促して、さっぱりしながらも味に深みを与えてくれます。今ではどちらもいわて蔵ビールを代表する商品に成長してくれました。

日本のクラフトビールは海外の影響を受けながらも、流行を追うばかりではいつまでもそれを超えられないと思っています。私たちは私たちにしかできない創造的なものを造りたい。目指すのは地のものを使って、地元の人が誇れるような日本独自ものを生み出すこと。それがブルワーやブルワリーの未来にもつながると信じて。

ご利用案内

  • 樽・ポンプについて
  • お手元に届くまで
  • お支払い方法
  • 送料・配送
  • ポイントについて
  • よくあるご質問